自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会-九州北部長崎県島原市の自転車屋
自転車メンテナンス 適正な空気圧・ライディングポジション編 はこちらをクリックください☆



自転車には、「パンク」のトラブルが付き物です。


スポーツバイクで、遠出すると、なかなか近くで自転車屋さんが見つからないことも。


そこで、自分でもパンク修理できるよう、タイヤ・チューブ交換の方法を掲載します!!

(スポーツバイクは、パッチの応急処置をおすすめしません。)

パンク修理に必要なもの

・予備のチューブ

・タイヤレバー(3本)

・ポンプ





≪タイヤ・チューブの取り外し方≫

※画像は、リアホイールを使用しております。

クイックリリースは、向きがわかるように装着しましたが、外してから作業してください。



空気を抜きます。

 


タイヤのビートをホイールからすべて外します。

親指でぐっと押して少しずつ外しながら、一周します。





一周したら裏返して、反対側も、少しずつしっかり外します。





バルブの反対方向(バルブ付近はレバーが入りにくい為)から、タイヤレバーを入れていきます。





タイヤレバーはスポークにかけ、反らないようにします。





2本目は、ビートの硬さ、スポークの間隔にもよりますが、5cm〜10.cm幅で取り付けます。






タイヤレバーを3本入れると、タイヤが浮くので、そこからは、手を使って外します。

タイヤとホイールの間に親指を入れて回すと、外れます。

(画像がなかったので、弊社のショップブログに掲載したこちらの動画をご覧ください。)


バルブの反対方向から、チューブを外します。


最後に、バルブを外して、完成です!








≪タイヤ・チューブ取り付け方≫

※画像は、リアホイールを使用しております。

クイックリリース、向きがわかるように装着しましたが、外してから作業してください。


タイヤによっては、溝が一方向のものがあります。向きに注意してください。





タイヤの片側をホイールにはめます。





このとき、バルブの差込口がわかるように、ロゴを合わせてはめると作業がしやすくなります。








チューブに少し空気を入れます。

(入れすぎ注意。フレンチの場合バルブを押して戻しましょう。)





まず、バルブを差し込みます。





すこしずつ入れていきます。








チューブを入れてしまったら、バルブ側から、タイヤをはめていきます。

親指の付け根にぐっと力を入れて少しずつ...。








基本、ほとんどのタイヤは、手で入れることができます。

ビートが硬い場合にのみ、タイヤレバーを使用してください。





すべてのタイヤビートがホイールの中に入ったら、全体をなじませます。

一周ずつ、裏面も。





空気を半分ほど入れます。





チューブがかんでないか、よく確かめます。








空気を適正気圧内にいれて、完成です!!



※ただし、ランドナーやマウンテンバイクなど、先に空気を入れると入らないものもございます。

タイヤを車体に装着してから、空気を適正気圧に入れてください。






 
  • 自転車を今から始めるならクロスバイクがおすすめ!通勤に!通学に!サイクリングに!どんな路面にも対応するオールラウンダー
  • もっと速く走りたい!そんな自転車の楽しさを求めるあなたにはロードバイクがおすすめ!素材やコンポを格上げして、自分のスキルの限界に挑戦!
  • スタンド・ロック・ライト・ポンプ・ヘルメット・グローブ・ペダル・サイクルコンピュータ・ボトル・バッグ・輪行袋などなどグッズもたくさんご用意♪

カテゴリーから探す

自転車の修理・メンテナンス致します!ネット・他社で買ったものでも全然OK!また、店舗にお持ち込みいただければ、中古車の下取り・処分も致します。お気軽にお問い合わせください。

カテゴリーから探す