自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会-九州北部長崎県島原市の自転車店
カラー
サイズ
購入数

※この商品は送料無料です。
※ただし、東北地方の方→3,000円、北海道地方の方→5,000円、沖縄地方の方→10,000円をご負担下さい。
※離島にお送りさせて頂く場合、別途中継料(船賃)がかかりますのでご了承下さい。
※また、完全組立での送品をご希望の場合、送料が5,000アップします。


※この商品は取り寄せ品です。

入荷に少々お時間いただきます。




効率的な自転車の乗り方練習法を知っていますか??

このような順序で教えると、早い子で、たった数時間!

驚くほどスムーズに、自転車に乗れるようになるんです!!

乗り方はこちら→https://www.hirosesyoukai-yuu.com/kids-junior-events


この練習に必須なのが、自転車のペダルを外して、キックバイク状態にするということ...

ペダルって外すには工具が必要。

だけど、工具なしで、簡単に外せる自転車があるんです♪

それが...

☆自転車デビューに最適な自転車『ディーバイクマスター』



「キックバイク←→自転車」は5秒でへんしん! クイックテイクのペダル搭載





キックバイクモードから自転車モードへの切り替えは一瞬、たったの5秒!! 手間も力もいりません。
2つモードを何度も切り替えて練習することも簡単にできるので、補助なし自転車デビューまでが一層スムーズです。



ペダルや補助輪を簡単に着脱できる「クイックテイク」搭載



ディーバイクマスター最大の特徴が「クイックテイク」。
ペダルや補助輪(※)が工具なしで簡単に着脱できる、子どもたちの自転車練習のために開発された、他の子供用自転車にはないディーバイクならではの装備です。
キックバイクの様にペダルをはずして足けりで乗ることで、楽しみながら二輪のバランス感覚を身につけることができます。
補助輪の着脱もクイックテイクはワンタッチ。
ディーバイクマスターなら練習のしやすさと上達のスピードが、他の子供自転車に比べて断然違います。

【補足】
ご存知でしたか??
ペダルとチェーン部分が丸ごと外せて「キックバイク」と「自転車」の2通りで使える他の子供用自転車の大きな落とし穴は組み替えの手間です。
組みかえは自転車店で行うことが必要で、その都度時間も工賃もかかります。
また、一度組み替えたら元に戻すのにもまた自転車店へ...ママやパパではお手上げです。
その点、クイックテイク搭載のディーバイクマスターならペダルあり⇄無しの切り替えは工具いらずのワンタッチ◎
切り替えながら練習できるから、スムーズに上達できます。

(※)補助輪は別売りオプションです


大事なサイズ選び。キックバイクでは小さすぎる...を解消



スムーズな上達にまず欠かせないことは、体にあったサイズの自転車を選ぶこと。
親としてはできるだけ長く乗れるように少しでも大きいサイズの自転車を買い与えたいところですが、サイズは上達のスピードに直接影響があります。
特に大きすぎるサイズの自転車ではなかなか上達しません。
また逆に、小さすぎるサイズの自転車での練習もオススメできません。
乗れる期間が極端に短くなってしまうのはもちろんのこと、曲がったりブレーキをかけたりする時にバランスを崩しやすく、安全に乗れない場合があります。

体にフィットする、足付きの良い低床フレーム

足つきの良さが、練習しやすい自転車の目安です。
ディーバイクマスターはより小さい頃から足の届きやすい低床デザインのフレームを採用。
18インチのディーバイクマスターのサドル最低地上高は約49cm、およそ身長103cmの頃から乗ることができます。
自転車チャレンジをはじめる頃の子供の体格を考慮した、絶妙なサイズ設定のフレームです。

D-BIKE MASTERは16インチと18インチ、2種類のタイヤサイズからお選びいただけます。
お子様の身長や体格にもよりますが、乗り始める時期の目安としては16インチは3〜5歳頃、
18インチは4〜6歳頃のお子様の体格に合うように設計されています。
実際にまたがってチェックする時のポイントは両足を地面につけ安定して自転車を支えられること。
サドルを適切な高さまで低くできることが「ペダルなし」練習の時にも重要です。
D-Bike Masterは従来のモデル(※)に比べサドルが低くでき、地面に足が届きやすいように設計されています。(※当社比)

※自転車は、年齢ではなく、身長でサイズを選びましょう。
※小さな時期は体格差が大きいです。年齢はあくまでも目安です。


☆☆ディーバイクマスターが新しくなって登場☆☆


「キックバイク卒業」や「自転車デビュー」に最適なキッズ自転車、ディーバイクマスターが新しくなりました。
16インチと18インチの両方のサイズに4つの新しいカラーバリエーションをご用意。
男の子にも女の子にも似合う3種類のカラーバリエーションに加え、女の子待望のガールズカラー「Baby Pink」がラインナップに加わりました。
機能面ではペダルや補助輪をはずしての練習には欠かかせない、大好評のクイックテイクシステムはもちろん、今回のマスターVでは、スポーツ自転車にも採用されているVブレーキを標準搭載。
さらに新しい形状のサドルの採用で、サドルを下げた時のクイックレバーの締めやすさも大幅にUPしました。
乗りやすさ、練習のしやすさにさらに磨きのかかったディーバイクマスターで、補助なし自転車マスターを目指してください。


練習がしやすい、高い操作性

ハンドル操作のしやすさも、ディーバイクマスターの大きな特徴です。練習時に扱いにくくなるハンドル周りの余計な重さを極力省くため、ディーバイクマスターにはバスケットはついていません(※)。ハンドルには少し幅の広いライザーバーハンドルを採用し、操作の軽快さと安定感、リラックスしたライディングポジションを実現しています。さらに、少し太めのBMXタイヤも、乗り心地と操作性の両立に一役買っています。
(※)専用バスケットを取り付けられます。バスケットは別売りオプションです。


タッチが軽くコントロールしやすい、Vブレーキ

ディーバイクマスター Vには、スポーツバイクにも使用されている「Vブレーキ」が搭載されています。Vブレーキは子供の小さな力でも操作がしやすく、慣れるとコントロールもしやすい、一般的な幼児車のブレーキと比較して性能が格段に高いブレーキです。Vブレーキの採用により、さらなる乗りやすさと扱いやすさを実現しています。
(フロントブレーキにはブレーキのロックを緩和するパワーモジュレーターを搭載しています。)


新デザインのサドル

従来のサドル形状では、サドル位置を最も低くした時に、サドル固定クランプやクイックリリースレバーの締め付けがやりにくくなってしまう問題がありました。そこでディーバイクマスターVには新しい形状のサドルを採用。サドルを最も下げた位置でもサドルの固定と解除がやりやすくなりました。サドルの微妙な高さ調節はスムーズな上達のポイント。高い乗りやすさと練習しやすさを誇るディーバイクならではの細かな配慮です。


サイドスタンド標準装備

補助輪がない為、サイドスタンドが標準装備されています。
自転車を駐輪するマナーや自転車をたいせつに扱うやさしい心も育んでほしい...ディーバイクのならではの配慮です。

《補助輪について...》
2輪だけでのバランス感覚を身につけるために補助車を使用することはありません。
しかし、最後のステップ6でペダルを回す感覚がどうしてもつかめない時は、
いったん補助車をつけてペダルを回して進む練習をし、補助を外してまたステップ6の練習にもどるのも効果的です。
通常の幼児自転車の場合、補助車の取り付け取り外しは自転車店などで行いますが、
「クイックテイク」のディーバイクマスターなら工具なしでワンタッチ、パパやママでも着脱できます。
(※補助車はオプションです)

Vブレーキ
スポーツ自転車にも採用されているVブレーキ搭載で性能と操作感が大幅に向上。(Master SE専用)

BMXタイプステム
BMXやスポーツバイクの様にハンドルの確実な固定や脱着、カスタムがしやすいステム。(SE専用カラー)

クイックシートクランプ
工具なしサドルの高さ調整ができるクイックタイプのシートクランプを採用。(SE専用カラー)

◇カラー
グリーン

◇サイズ 
18型 適正身長:103cm〜116cm




※この商品には、別売りでオプションパーツが用意されています。


補助輪の販売はこちら→http://www.hirosesyoukai.com/?pid=126084749


バスケットの販売はこちら→http://www.hirosesyoukai.com/?pid=126084671



カテゴリーから探す