自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会-九州北部長崎県島原市の自転車店
弊社では、荷物が小さくなる様に、自転車のハンドル部分(車種によっては、前輪・サドル部分を取ってお送りする場合もございます)をコンパクトにまとめてお送りいたします

そのため、お客様にて正常な状態に戻して頂く必要がございます。

ハンドルの取り付けには、4mm、または5mm、または6mmの六角棒レンチか、13号のスパナあるいは、レンチ(めがねやモンキータイプなど)が必要です。
車種によって、ハンドルの取り付け方や使う工具が異なります。
※一つの自転車で、2つ以上の工具を使う場合もございます。ご注意ください。
※車種によっては、工具を付属している場合もございます。その場合、保証書に入れて送付致します。
尚、工具は販売もしております。グッズ・アクセサリーの工具をご覧ください。




カンチブレーキを使用しているランドナーの場合、前輪より先に、ハンドルを取り付けてください。


ハンドルは、このような状態で梱包してお送りします。





フロントフォークも横向きでお送りしますので、ブレーキが前方にくるよう戻してください。

ハンドルポストをそのまま上から差し込みます。


※ハンドルと車体が90度のT字になるように、真っ直ぐ取り付けて、限界標識より深く差し込んでください。



ハンドルの上部に、カバーがついている場合は、カバーを外してから、六角レンチで締めます。


締めたらカバーをつけて(カバーは無いものもございます)完成です。





ハンドルの調整の仕方、安全点検の仕方など、保証書に詳しく書いてありますので、必ず、初めにお読みください

また、ハンドル周りやその他の取り付け方・メンテナンスについては、ライトウェイのHPに動画がありますので、こちらをご参照くださいませ。

ライトウェイHP→http://www.riteway-jp.com/maintenance/rpj_maintepages.html

イメージはありません。

カテゴリーから探す